最新つぃーと

2011年1月15日土曜日

クラブとTVとAKB48 その1

昨日から体調悪いっす。
気候のせいかな?






今日は昨日に引き続き、ちょっと長ったらしい話を。






長いんで、いつもは中心揃え文章なんですが右揃えでw








タイトルにも置きました!テーマ「クラブとTVとAKB48」。なんのこっちゃですよね
いや、関係ないような話で考えたら深かった。
自分なりの今日考えて出した、一つ目の結論のメモの意味もあるんで分かりづらかったらすみませんw




まず最初に結論からw




●今(2011年現在)の世論問題点


1、各世代それぞれの社会(人間)関係の認識の差異
□原因□ ネット普及開始の世代から今までの社会的システムの移り変わりが激しすぎた。


↓影響


2、ジャンルの細分化


↓影響
3、ネット普及による個々のコミュニケーション力の低下










ーーーーーー1,について。




今、社会の中でも力のある部類に属する大半の人間の世代が、今現代「普通に存在するもの」がない世の中で一番の成長期を育っている。つまり、新しい状況をうまく咀嚼・消化できてない方々が現代の一番強い力を管理してしまっている事が問題の一つだと考える。
人間、自分が生きるための場所やコミュニティをある程度育て上げてしまったら、保身に回るのは当然。その上の立場の人間たちの「新しい世代に対する畏怖」と「立場を奪われんとする保身」が強く影響して、世代間の壁を厚くしている。
保身のみを考える人を見る、若い世代の目は冷たく、また理解しようとする意欲、理由もない。つまり、この世代の間に立つ私たち(約)25~35世代の人間が一番激しい変化を跨ぐその世代間のクッション材・蝶番的役割を果たさねばならない。






ーーーーーー2,について。




人間も生き物全般も進化を遂げる様に、激しい変化の中に身を置かれると、其の中で生き抜く為を術を探し 自分を適応させようとする。その適応の仕方には数パターン。


1、環境を理解し、環境に沿わせて自身を変化させ、すでに存在する場所に適応する。
(群れ型)
2、環境に対して拒絶し、壁をつくり自身の本質を変化させる事なく自身が過ごしやすい環境を作る。(一匹狼型)


他数パターン。




でも多くを占めるのは上記二つかと思われる。
内、後者が世の中に増えつつある。






「1、について」で取り上げた「保身に回る人々」は、自身の居場所、環境を護るためにあらゆる物を区分し、また上に理解されない若い世代もまた、独自の理想・観念を護るため区分し、それらの繰り返しによって今の細分化が起きたと考える。
また、前日記でも取り上げた、世代間の壁の形成の影響ともとれる「縦社会・横社会」の違いも大きく影響しているとも思う。




備考


●縦社会のメリット・デメリット


統率性が取れる。世代間の情報交換がスムーズ。努力・結果の目視が容易。
人によって向き・不向きがある。統率性を「力」に依存する人が出てくる。
「弱者」「強者」の差異が産まれる。




●横社会のメリット・デメリット


「弱者」「強者」の差異がほとんどない。自身と最低限の周囲の人間に対する奉仕のみでコミュニティが作れる。自由。強要される点が少ないため、圧迫感を感じずに生活できる。
いつでも破棄・再生が可能。
目標を持ちづらい。努力の意味を見失う可能性がある。コミュニケーション力が育たない。






ーーーーーーー3,について




ネットの普及によって、簡単に情報が得られる世の中。以前は服・音楽・経済ニュース等、情報を得ようと思ったらTV・ラジオ等のアウトプットからか、そういった情報が集まる場所に赴く他方法がなかった。その場所(居酒屋・店舗)には其の場所それぞれのコミュニティが存在し、またそのコミュニケーションによって新しい文化や物が生まれ、また更なる情報を得るための方法を学んだ。(失敗も含め)
しかし、今現在は自宅に居ながらにしてそれらを全て行う事ができるようになって、現実の世界とはまた別の仮想空間に生活の中心を移す様になった。一人一人が仮想現実に個別のスペースを持ち、それを他者の意思関係なくさらす事が出来、また新しい何かを作り、消し、また再生する事がいとも簡単にできてしまうのだ。自分自身のみの意思で、批判も肯定も、社会的人間性の破壊(殺人)すらも。
完全に護られた環境下で、みんなそれぞれの過ごしやすい環境をつくり細分化は加速する。
それが当たり前のこれからの世代が何に飢える様に成るのかは容易に想像できるだろう。
対人のリアリティ・体感である。


しかし、また再び昔の様な「コミュニティありき」のそこに戻り着く為には、普通に考えれば世代が大方入れ替わるまで待つ他ない様にも思える。なんて言っても若い世代を理解してくれない社会の中心がまだそこに存在しているから。また何を失ったかは、失った物が大きければ大きい程、事後でないと気づく事ができないから。














今身近なところで少しずつ、長年・世代を渉って作り上げられたコミュニティが消えて行く。ネットという、たった数年で構築されたプログラムに取って変わられて。


長年培った、媒体が消えて行く。レコードが、本が、CDが。




なんとか護る方法はないだろうか。
それを試行錯誤していて、この考えの分析に及んだ。
















がしかし、それらを旨く分析し 現代風にアレンジし まとめあげている先人は存在する。


それのヒントが…地デジかと AKB48!!!!








続きは次回…















































2011年1月14日金曜日

晴れ。湖面凍る。冬まっただ中。

寒いっす


近頃、まわりで体調崩す人 続発中。ちがうよ 私のインフルのせいじゃないよw

今年は例年のレベルで流行ってる風邪、インフルだけど
なんで周りかかる人おおいのかなーと考えた。

多分 年齢www


自分も年食えば、周りも一緒に歳食うわけで

自分も仕事に根詰めるようになれば 周りもそうなってる訳で

無理したり、体力落ちてたりで かかる人増えてるようだ。

だよなー 気づけば私も20代後半。一番気合いいれなきゃならん時期。
ふと見渡せば ひょうひょうと一緒になって遊んでた仲間がみんなして将来に必死。
いつのまにか遊びからビジネスに生活の中心が変わって行ってる。

インスパイアされます
負けてらんない!


でも、そんな今のご時世…実はこんな方々も増えてるようで。


辞めません、でも頑張りません――「新・ぶら下がり社員」現る


会社は辞めない、けれども仕事は頑張らない。
 仕事に対するやる気はない、けれども与えられた仕事はこなす。
 与えられた仕事はやる、けれども管理職になって責任を負うのは嫌だ。
 私はこのような傾向の30歳前後の社員を「新・ぶら下がり社員」と呼んでいる。
 数年前まで、企業の経営者や人事担当者からよく聞いたのは、「今の若者はすぐに会社を辞めてしまう」という悩みだった。入社して3年に満たない社員が辞めてしまう、30歳前後のこれから組織の中核を担う中堅社員が転職するといった人材の流出に頭を悩ませていた。
 その後、リーマンショック後の不景気によって転職市場は冷え込み、失業率は上がり転職したくてもできなくなってしまった。人材の流出に歯止めがかかり、胸をなでおろしている企業も多いだろう。
 しかし安堵したのもつかの間、ここで新たな問題点が浮上してきた。それが新・ぶら下がり社員の出現である。

なんだかなー。みごとに現代を風刺してる
最近、確かに回りの会社経営、店舗経営の内部事情聞いてると良く耳にするんです。
ただ私が聞くのは若い世代(20代前半)の方々についてですけどね。
すぐに辞めちゃう。

これって、現場の話を良く聞いてみると、
すげー複雑に様々な事情が絡み合ってるんです。
まず、世代それぞれの社会的構築観念が大幅に違う事。
ざっぱに言うと、体育会系のノリを体験してるかしてないか。

私の世代くらいから、学校の部活やなんかでそのノリがある所 ない所でてきてた頃だった気がします。私剣道部だったんですけどw となりの柔道部は上下関係 まったく皆無。
センパイ って存在 後輩って存在 別に関係なし。
 うちの剣道部はちょっとだけあった。敬語は使ってなかったけど、一応先輩方を
敬うって基本ルールはあった。一番怖かったのは先生だったw
野球部は厳しかった!!!
センパイ 怖い!!ルール絶対!!って基本システムがあった。

どれもこれも別にいいんじゃないか学校だし って思うけど、学校って組織の中で
世代入り交じる 部活は ある意味社会勉強の第一歩だったような気がしてる。

今学校の先生が生徒を強く叱れない ご時世、いじめって問題もピックされてて
生徒間、センパイ後輩間でも強く言えない環境になって
「怒られる・ルールを教えてもらう」って事に慣れてない人
「叱る・ルールを教える」って事に慣れてない人、むしろビビってる人

そんな人たちが増えて、本来の縦社会がひっくりかえりつつあるのでは と思う。

私の知り合いの社長が言ってた言葉で あぁ と思ったのが

「どうせ雇っても、こっちが育ててやろうと思ってても、なんらかしら理由つけてみんな辞めちゃうから、だったら最初から雇わない方がいい」


これ、学校の先生が言ってたらどうだろうww
部活のセンパイが言ってたらどうだろうww

「どうせ入部させても、すぐ辞めちゃうしだったら入部してもらわなくていい」


会社・学校
「自分が食える最低限(自分の成績・保身のみ)を考えてさえいればいい」


社員・生徒
下が育たない。教える人がいない。努力の意味がわからない人が増える


「ぶらさがり社員」のできあがり。
根本的な社会の崩壊。




こわーーーーーーーーーー!!!!!!
どうなる日本!!!!!!







2011年1月12日水曜日

曇り。白鳥が優雅に湖面を歩く。

寒いです!!

めちゃ寒い!!!

私の家から事務所に向かう途中に、ヨヘイ沼(漢字ワカラナイ)って沼あるんですが
数週間前から白鳥きてるんですよ。
親子連れとか餌やったりしてて。

そんな白鳥も 今日は優雅に歩いてましたね。湖面凍っててw

しかもその目の前の道路じゃ二台が派手にごっつんこしてた。
前ぺしゃんこ。

うーーーん 車こわ!!



で、ですね。

今日ヤフーニュースでびっくりした記事。

汚れじゃなくデザインです!、湘南国際マラソン参加賞Tシャツに問い合わせ殺到/神奈川


これ…汚れ…なのか? どうなんだ?
巷じゃ ダメージ やら ヴィンテージ やら クラッシュ ってなわざと汚したり
傷ませたりする加工が多用されてる中で…これ汚れに見えるのか。
天下のナイキですよ しかもwww


□記事抜粋□
事務局側は「今回はこのようなデザインコンセプトで大会を開催するという方針で、印刷ミスなどではない」と説明。デザインの意図としては、湘南、砂浜という連想から、文字が風に吹かれて砂が舞ったようなイメージをモチーフにしたという。

「スタートやゴールなどでも、同じデザインコンセプトで一貫させている。当日、参加した方はTシャツデザインの意味も分かってもらえるはず」としている。



なのに…



ただ、鎌倉市に住む40歳代の女性参加者は、Tシャツが届き、「びっくり。自分のだけ汚れていると思った。参加する友人に電話してデザインと分かったが、正直がっかり」と出走前からトーンダウンだ。


がっかりする事なのか????しかも参加賞ってことはプレゼントでしょ?
人それぞれの価値観って難しいもんだ…



2011年1月11日火曜日

晴れ。インフルとの戦い その後

新年早々、大きな戦いを一つ終えました…


インフルエンザ!!!!!

type A!! 使徒です!!!!

6日夜、ちょっと咳でるなーなんて思ってたら…

一晩寝たら なんだこの体の痛みは。
ダルさは。
頭痛は!!!!


む。風邪か…臆する程ではない…とっとと仕事を終わらせて
眠れば治るだろうと…

だが、時間を追うごとに目眩と悪寒が絶え間なく襲ってくる。




こ、これは ただ事ではない!!




いかん!!!




慌てて病院へ駆け込んだが…既にそこは 戦場だった…
次々に倒れ行く(倒れてないけど)周囲の人々の手には「リレンザ」「タミフル」



みなヤツの犠牲者なのか…まさか私も…?いや、そんなはずはない!

そう思いつつも、朦朧とする意識、激しさを増す関節痛。


胎内で暴れ狂う何者かと戦いつつ、疑心暗鬼に暮れ待つ事2時間…

「貴田さーん」




あぁ… やっと   やっと呼ばれた!!!!
天からの助け!!

コレで救われる!!!
この胎内に救う悪しき何かを退治しておくれ!!!


しかし、医者と対面できた時
既に私には話す体力すら残されてはおらず…この苦しみを何とか伝えんと
必死の形相で医者の顔を見た。わかってくれ!

ノドが痛くて ダルくて 話す事もままならんのだ!
助けてくれ!!と…
(この間私無言)



すると、一瞬私の顔を見て 彼の医者は神か仏だろうか

「あーー大変だね。わかりました」




ほんとうかーーー!?!?!?!?!?

本当にわかってくれたのか!??!?!?




そして手早く検査をすると私は隔離室で待たされた…



数分後。



看護婦がすてきな笑顔で、散って行った同胞達の持っていた物と同じ物を…
あぁ…




インフルエンザですね!




あぁぁぁぁぁぁぁ




そこから二日間。熱38度キープ。眠れず。食えず。





教訓


馬鹿でもインフルエンザは別。

2011年1月6日木曜日

A HAPPY NEW 2011!!

明けました!おめでとうございます!!!

昨日から事務所開けたんですが、大掃除の為更新できず…

デスクの前でやっと一息です(掃除終わってない)

年末ギリギリまで、身内に不幸があったり、仕事が続いたりであんまり正月気分を
味わえませんでしたが…

一応会社としてはちゃんと初詣にも行けたのでよかった!

で、おみくじ ひいたんですよ。

八幡宮で がらがらって振るやつで。

したらば「末吉」でした。が、すげーいいこと書いてありました!


年始からいい感じ!

はなされし かごの小鳥の
とりどりに
たのしみおおき 春ののべかな


がんばるぞーーーー!!!!


本年も、至らぬ部分多いですが どうぞライフエイトを宜しくお願い致します!